So-net無料ブログ作成

令和のおかね [記事]

 4月が終わりに近づいた頃。
 「あしたは、へいせい31ねんですか」
 「5月1日は、へいせい31ねんですか」
 ニュースやまわりの会話から、何やら変わるらしいということに気づいたこうきです。
 「あのね、平成は4月30日でおしまいになるんだよ。5月1日からは令和1年になるんだよ」
 「4月でへいせいはおわりですか」
 こうきにとっては、わけのわからぬうちに平成から令和とやらになった、という感じなのでしょう、
じっと考えています。
 「このおかね、使えますか」
 いつも持ち歩いている財布から小銭を取り出そうとします。
 「大丈夫、お金はちゃんと使えるよ」
 こちらはあまり考えずにそう答えていました。
 こうきはなんだか納得いかない様子。
 「れいわのおかね、あたらしくなりますか」
 「れいわのおかね、いつできますか」
 「そうだねえ、新しいお金出ると思うけど、まだ先だと思うよ」
 と私。
 「れいわのおかね、いつ出てきますか」
 「れいわのおかね、そのうち出てきますか」
 「れいわのおさつ、出ますか。いつ出ますか」
 「れいわのおさつ、出るかどうか、決まってないですか」
 だんだんしつこくなってきます。
 「まだ、わからないよ。こうき、そんなに令和のお金ほしいの?」
 ちょっと辟易して尋ねると、
 「へいせいのおかね、まだ続きますか」
 「へいせいのおかね、なくなりますか。何日なくなりますか」
 「れいわのおかね、出てきたら、へいせいのおかね、なくなりますか」
 自分の財布から小銭を取り出して、私に突きつけてきます。
 そういうことですか・・・。
 今あるお金が使えなくなったら・・・それは心配だよね。
 高等部になった頃から、こうき、自分の財布を持ちたがり、バス代やジュース代を払うように
なりました。自分でお金を払うことに嬉しさを感じているようで、家の買い物をする時でも、
 「ぼく、はらいます」
 と、さっと横から手が伸び、小銭を何枚もトレーに出して得意げにしています。
 今では、暇があれば、財布に入れてある小銭を出したり入れたり、また出して眺めたり。
 耳元で財布を振って、ジャラジャラ音がするのを楽しんでいる時もあります。
 そうね、
 令和のお金はいつ出るのかしらね。
 どんな音がするのかしらね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。