So-net無料ブログ作成

卒業式と入学式 [記事]

少し前のことになりますが、中学部の卒業式と高等部の入学式がありました。

 まだ子どもらしい、あどけない表情だった中学1年生から、みるみる背が伸び、
少年から青年らしい顔つきになり、本当にあっという間に大人に近づいてしまっ
たこの3年間。
 なかなか教室にいられずに、すぐにロビーや中庭や体育館に飛び出してしまっ
ていた頃が今では懐かしくもあります。
参観日に行っても自分の子の姿が見えないから、よく探しに行っていたっけ。
 何時になったら教室に帰ってくる、というところから、少しずつ、本当に少しずつ、
約束が守れるようになり、自分の席に座っていられるようになり、クラスのみんな
と一緒に行動できるようになってきた・・・。カタツムリのように、それはじりじりとし
た歩みでした。
 小学部までは先生たちと関わりを持つことが多かったのが、クラスの友達とも少
しずつ距離が近くなってきたこと。
 学校でのさまざまなルールや決まりごとを守ろうとする姿が出てきたこと。
 なにより、いろんな活動を自分も頑張ってやりたい、という意欲が出てきたこと。
 本当に以前では考えられないような、たくさんの成長がありました。
 三年間クラス替えがなく、同じ仲間で心おだやかに過ごせたことや、いつも優し
くあたたかく支えてくださった先生方のお陰だと思っています。
 
 「卒業式、緊張する?」と尋ねると、
 「きんちょう、しません」と答えたこうき。
 式では、自分の名前を呼ばれると、「はい!」ととても大きな声で返事をし、立
派に卒業証書を受け取ることができました。呼びかけの言葉もしっかり言うことが
でき、親としては二重の感激でした。


 それから4月。高等部の入学式を控えてのこうきの言葉。
 「にゅうがくしきは、もう最後ですか?」
何度も言って来たのですが、あまりよく考えずに、なんとなく受け流していました。
 「にゅうがくしきは、最後ですか?」
・・・そうでした。
 高等部卒業後、進学をしないこうきにとっては、これが最後の入学式なのです。
よく気が付きました。たいしたものです。
 「最後の入学式」も、こうきはとても落ち着いていました。
 「始まり」だけれども「最後」をゆっくり味わいました。
 小学部、中学部と九年間、聞き続けてすっかり覚えてしまった校歌を、いろいろな
思いを込めて、一緒に歌いました。 

 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児