So-net無料ブログ作成
検索選択

サンタさんはどこから [記事]

年も押し迫ってきましたが、クリスマスのことを少しだけ・・・

・・・去年のクリスマスは、あらかじめ欲しいものがお母さんから手渡されて、24日の夜は
サンタは来なかったのだっけ。
ボクは希望通り、仮面ライダーベルトがもらえたから、嬉しかったけれど、妹のれーちゃんは
朝起きてきて、サンタが来なかった、と少しがっかりしていた様子だった・・・。

そんなことから、今年は一応ツリーの下に、プレゼントを用意してみました。
25日の朝、起きてきたこうき、しばらくプレゼントの袋には気がつかない様子でした。
だいぶ時間が経ってから、リボンの袋を提げて飛んできて、
 「なんか、ありました!」
こちらは、何食わぬ顔で
 「お、プレゼントかな?」
慌てて開けるこうき、目下お気に入りの妖怪ウオッチのついたタオルや箸などが出てくると、
ぴょんぴょんはずんで嬉しそうな様子。
 「サンタさん、来ました」
・・・そうだね、来たんだね。
 「サンタさん、何時来ましたか」
・・・何時だろうね、夜中だな。2時かな、3時かな?
 「お母さんは、サンタさん会いましたか」
 「サンタさんどこから来ましたか。玄関から来ましたか」
・・・ううん、おかあさんは会ってないんだよ。

それから何度も「サンタさん、来ました」と言う笑い顔に、まだ信じていたのか、とこちらも楽しく
なりました。
妹の方も、包みを前に、ありがとう、とニコニコしています。
信じていても、信じていなくても、思いがけないプレゼントは嬉しい。
サンタの力は大きいものですね。


指しゃぶりとゴミ出しと [記事]

この間、担任の先生に言われて気づきました。
 「こうきさん、学校では指を口に入れることが全く無くなったのですが・・・」
そういえば、と家での様子を見ていると、確かに・・・指が口元に行きません。
以前は、何もすることがない時、テレビを見ている時、眠たくなった時、などに
指しゃぶりがありました。
指しゃぶりというと、親指を吸う赤ちゃんイメージがありますが、こうきの
場合は人差し指と中指をいっぺんに口に入れるという、なかなか大胆な
ものでした。
小さい頃からずっと続いていて、何度かやめる機会をうかがっていました。
神経科の先生や歯科の先生に相談もしましたが、こうきくんの場合は心を
安定させるためのものだから、無理にやめさせなくてもいい、というお話
でした。
それで、ずっとそのまま放っておいたら、小学校卒業し、中学になっても
続くので、さすがにこのままでいいのかな?という気になってきました。
指に大きなタコはできているし、常にきれいな状態とは言えません。
学校の先生からも、作業活動が増えて衛生面のこともあるから、そろそろ
やめるように声をかけていったら、と言われましたが、そこからなかなか
変化が見られませんでした。
私が声を掛けると、逆にやだやだ、と指しゃぶりをやめない様子もあって、
これは当分無理かもしれない、とまた放ったらかして忘れた頃に、ふっと
消えていたのです。
あんなにやめられなかったのに、あっけなく無くなってしまったことが、
何だか不思議でした。
中学三年生。
こうきなりに、少しずつ、大人に近づいていっているのかなと感じます。

最近の変化をもう一つ。
家のゴミを、近所のステーションまで持って行ってくれるようになりました。
余計なものは片付けたい、というこだわりがあるのかもしれませんが、
妙に張りきって、家を飛び出して行きます。
忙しい朝に、これはとてもありがたい。
きちんと出せているか、今度こっそりついて行ってみようかと思ってはいる
のですが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児