So-net無料ブログ作成
検索選択

高等部入試 [記事]

 中学部の生活も残りわずかになり、高等部という次のステップに踏み出す
時期が近づいてきました。
 こうきの通う養護学校では、中学部の生徒ほぼ全員がそのまま高等部に
進学するのですが、その前に控えているのが「入試」(入学選考)です。

 この「入試」に向けて、3年生は早くから準備をしていました。
面接に備え、正しい姿勢、入退室の仕方、あいさつ、質問に答えること、
などなど練習を積み重ねてきました。親としてはそんなことできるの?という
感じだったのですが、その子なりに、入試ということが理解できて、少しずつ、
がんばろう、という気持ちが高まってきたようです。
 こうきは、中学部で頑張ったことの質問に対して「作業学習がんばりまし
た!」としっかり答えられていたようで、先生からは、こうきくん、毎回とても
積極的に練習に取り組んでいましたよ、と誉めてもらっていました。
 前日は持ち物も準備万端、「あしたは高等部にゅうし。たのしみ!」と余裕の
表情でした。

 入試当日、お兄ちゃんの中学のときの制服を借り、着てみるとぴったり。
まだまだ幼いと思っていたけれど、改めて、中学三年生だったんだ、とはっと
させられました。本当なら、この制服の中学に通っていたのかな、と思ったり
もして・・・。

 その後、あわただしく車で学校に向かいました。さて降りよう、と後部座席を
見ると、こうきのリュックがない。いつもなら自分のリュックはしっかり持って出る
のに、今日は「わすれちゃった、」と言うのです。
 母は青くなりました。やってしまった。中には今日必要な体操着と筆箱が入
っているのです。
 あわてて二人で受付に走りました。こうきを先に置いて、自分は荷物を取りに
帰るつもりでした。担任の先生も昇降口で控えていて下さったので、事情を話し、
一緒に受付の先生に伝えました。
 すると、先生方考慮して下さり、今日は体操のようなことはしないので、着替え
なくていいです、筆記用具も用意します、とのこと。ほっと胸をなでおろしました。
 
 そこからは、本人と保護者は分かれて選考が始まったのですが、その後のこう
きはパニックにもならず、とても落ちついていたそうです。友達たちの着替えを
最後まで見届けた後、最初の全体会の時に、何か質問は?と聞かれ、
「ぼくは体操着をわすれました。体操着なくても大丈夫ですか?」
すっと手を上げて聞くことができたと、後でこうきに付いてくれた先生が教えて
くれました。

 その先生が、「見てください」と一枚の紙を差し出しました。
それは、中学部で楽しかったことがんばったことなどの思い出を書く課題で、
そこには、こうき特有の震えたひらがなが、最後のマスまでびっしり埋まってい
ました。
 残念ながら、判読可能なのは最初の二、三行だけでしたが、修学旅行のことが
書かれてあるのはわかりました。
 「本当に一生懸命書いていて、なんだかジンとしちゃって。」
と先生。私もうなずきました。
とても文章など書けるはずもないこうきですが、なんとか書こうとした。そのことが、
ただひたすら嬉しかったのです。
ハードルが高いような気がしていましたが、こうきもちゃんと入試の経験ができた。
本人なりにひと回り大きくなれた、貴重な経験でした。

IMG_0315.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0